Actualités de l'Hôtel des Etats-Unis Opéra
 

パリ・オペラ地区のアクティビティ & レジャー
オルセー美術館:見学前に知っておくべきこと

キーワード : 観光, オペラ
  04 12月 2018

道順

オルセー美術館に行くには、まずヴァンドーム広場に行きます。ルイ14世により敷設されたこの広場は、パリで最も美しい広場の1つです(記事を読む)。その後、パリで最も古い公園で、どの季節も美しいチュイルリー庭園(Tuileries Garden)の方向に進みます(記事を読む)。セーヌ川を渡るにはレオポール・セダール・サンゴール橋を利用します。セーヌ川はパリの最も美しい景色のひとつです。正面にオルセー美術館が現れます。

何を見るか?

オルセー美術館には、世界で最も多く印象派とポスト印象派の絵画が収蔵されています。この美術館には6000点の作品が収蔵されており、そのうちの4000点を3段階で展示しています。

この旧駅舎は、今もなお極めて現代的なシナリオを提供する先見的な建築プロジェクトにより、1986年に美術館に変身しました。オルセー美術館はパリの必見スポットの1つです。

2018年11月24日、オルセー美術館は印象派のギャラリーの修復を完了しました。その目的は、より明確な道順を提案し、特に空間の色による光線を修正し、作品の説明の鍵を提供することです。

身廊4階
身廊4階
印象派のギャラリー(元の風景画)
印象派のギャラリー(元の風景画)
晩鐘  - ジャン=フランソワ・ミレー
晩鐘 - ジャン=フランソワ・ミレー
ル・ペルティエ街のオペラ座の稽古場 -  エドガー・ドガ
ル・ペルティエ街のオペラ座の稽古場 - エドガー・ドガ
アレアレア  - ポール・ゴーギャン
アレアレア - ポール・ゴーギャン

仮設展示:ルノワール父子。絵画と映画

2019年1月27日まで:この展示会では、ピエール・オーギュスト・ルノワールと彼の息子ジャンとの対話を探求しています。絵画、写真、映画、衣装を通して自由の感覚と深い人間性を表現する2人のクリエーター、2つの芸術。

ヒントとテクニック

行列を回避するには: 

  • チケットをオンラインで購入するか、ホテルのコンシェルジュデスクで購入しましょう。オンラインチケットのアドレスはこの記事の一番下にあります。

ゆっくり鑑賞できる混雑していない時間帯:

  • 週の真ん中:水曜日と木曜日の朝
  • 昼食時
  • 日曜日の午後5時頃
  • 木曜日の夜

雨の日、特に日曜日は避けてください。

駅舎の歴史

1810年にナポレオン1 の命令により建てられたこの建物は1階が 国務院 、2階が 会計検査院 として使われていました。

オルセー宮殿は1871年に焼失しました。
オルセー宮殿は1871年に焼失しました。

宮殿は、1871年、パリ・コミューンの時に消失しました。1900年5月まで廃墟と化していた建物は 1900年のパリ万博博覧会の準備作業の一環として駅に変身しました(オルセー駅またはオレルアン駅)。


駅のプラットフォームは小さすぎたため、1939年以降は目的地が郊外に限定されました。40年後、ヴァレリー・ジスカール・デスタン大統領は建物を美術館に変える目的で建築設計コンクールを開きました。7年後、オルセー美術館は3年間の工事を経てオープンします。

カフェとレストラン

飲み物や軽食を楽しめる2つのカフェがあります:印象派ギャラリーの出口にあるカフェ「カンパーナ」と身廊の奥にあるカフェ・ドゥ・ルルスがあります。トリップアドバイザーの感想では、価格と品質の関係は「かなり控えめ」ということです。

2 のおそらく旧国務院のロビーだった旧駅舎のレストランに行くことに大きな関心を見出すことができるかもしれません。バロック様式のインテリアはとても息を呑むほどです。前菜、メインディッシュ、デザートからなる日替わりランチが22€で提供されています。豪勢な食事のひとときは期待しないでください... 


料金と営業時間

料金:

列に並んで待たなくてもいいようにチケットを予約、購入しましょう。子供または同伴者の入場料は12ユーロ40セントおよび15ユーロ40セントです: https://musee-orsay.fnactickets.com/place-spectacle/ticket-evenement/musee-musee-d-orsay-entree-journee-manorsa1-lt.htm

営業時間とウェブサイト