Actualités de l'Hôtel des Etats-Unis Opéra
 

オペラ・ガルニエ地区の最新おすすめ情報
パリでのご滞在を最高のものにするためのヒントをご紹介します。

キーワード : スポーツ施設
  04 3月 2022

サシャ・ギトリは、「パリジャンとは、パリで生まれたことではなく、そこで生まれ変わることである」と言っていました。

これらのアドバイスを参考に、首都パリでのご滞在を最高の体験にしましょう。

*パリ・ビジット・パスで回数の制限無しに自由にパリを回りましょう


パリ・ビジット1日パスでお好きなだけ街を周遊してください。
1日、2日、3日、または5日間連続で利用でき、地下鉄、RER、バス、トラムウェイ、モンマルトルのケーブルカーに好きなだけ乗車できます。
また、携帯電話にRATP(パリ交通公団)のアプリを忘れずにダウンロードしてください。ルートが簡単に見つかり、さらに(可能であれば)ピーク時間を避けることもできます。

*中心部のホテルを予約しましょう


パリのあらゆるエリアを訪れ、目指すところに簡単にアクセスするためにも、宿泊先はパリの中心部にしましょう。オペラ地区は、最も中心的な地区のひとつで、地下鉄が数多く走っているため、首都の隅々へも簡単にアクセスできます。また、可能な限り歩いて移動してください(これでパリのいろいろな顔が発見できます)

*有名店のビストロ版を利用してみましょう


多くの有名レストランのシェフが、パリに「ビストロノミック」レストランをオープンしています。50%ビストロ風、50%美食レストラン風で、新鮮な旬の食材を使った創作料理が楽しめます。

2つだけの例になりますが、たとえば17区にある「Gabylou(ガビルー)」や9区の「l’Office(ロフィス)」などです。
他にもパリには多くの店がオープンしており、選ぶのに迷うほどです。
安心してご利用いただくためには、お席の予約をお勧めします。平日のランチセットは、前菜+メイン+デザートで大体25〜35ユーロ前後です。

美術館の入場券はオンラインで購入しましょう


パリの観光をもっと楽しむためにも、列に並ぶ時間を節約しましょう。

そ それには、入場券の事前予約をお忘れなく。
https://www.billetterie-parismusees.paris.fr/にアクセスすれば、数回のクリックでチケット予約が完了します。
また、1日に3つの美術館を回るのは避けた方がよいでしょう。1日1館を上限とし、じっくり見学を楽しまれることをお勧めします。

さらに、チケット購入をよりシンプルにしたい方のために、首都圏のすべての美術館に2日間、4日間、6日間、無制限に入場できる「パリ・ミュージアム・パス」が用意されています。www.parismuseumpass.comでお確かめください。