Actualités de l'Hôtel des Etats-Unis Opéra
 

オペラ・ガルニエ地区の最新おすすめ情報
この秋必見の展覧会4選

キーワード : スポーツ施設
  06 9月 2021

素敵な秋を迎えたいなら、美術館に行きましょう !

必ず見ておきたい新しい展覧会やイベントが 目白押し です。

パリのおすすめ展覧会4選をいち早くチェックしてください。

「 パリを再発見する 」、アンリ・カルティエ・ブレッソン


アンリ・カルティエ=ブレッソン は、パリは「鍋 」だとよく言っていました。

彼はまるで日常生活の何気ないシーンのように、歴史の中の決定的瞬間をシャッターの一押しで捉えました。

この回顧展では、写真家の 詩情に満ちた歴史的なパリの視点 を見ることができます。彼が再発見してやまないこのパリで、興味を持っているのは何よりもまず人間であり、有名、無名のパリジャンの両者でした。

また、彼は1944年8月のパリの解放や1968年の五月革命など、主要な出来事の生き証人でもありました。

この逃亡生活を送った 写真の巨匠は、「 詩情ある幾何学 」を通して、すべてがより単純でより複雑であった往年のパリを伝えてくれます。

真新しい作品ではありませんが、とてもおすすめですのでまだ見たことがない人はどうぞ美術館へ足を運んでみて下さい !

 

2021年6月15日~2021年10月31日

Musée Carnavalet(カルナヴァレ美術館), 23 rue de Sévigné, 75003 Paris.

https://www.carnavalet.paris.fr/expositions/henri-cartier-bresson-revoir-paris

クリストのラッピングされた凱旋門


凱旋門をラッピング:これは、モニュメントのインスタレーションで知られる天才造形作家、クリストの最新プロジェクトです。

9月18日から10月3日まで、クリストの遺作が公開されます。

この展示では、25, 000平方メートルのリサイクル可能な青みがかったポリプロピレン生地と7,000メートルの赤いロープの下に凱旋門が姿を消します。

ギフトラッピングのように包まれたこの特別な作品は、外から無料で鑑賞できます。屋上テラスから鑑賞し、パリの街並みを一望したい方は別途チケットが必要です。

 

2021年9月18日~2021年10月3日
Place Charles de Gaulle, 75008 Paris.

ニューヨーク近代美術館(MoMA)の写真の傑作


パリの ジュ・ド・ポーム国立美術館で、MoMAが収蔵するトーマス・ウォルターのコレクションの写真が、ニューヨーク以外で初めて公開されます。

トーマス・ウォルターをご存じですか ?このスイス人コレクターは20世紀初頭、前衛的で最も美しい写真を見つけ出し、嗅ぎつけました。エル・リシツキー、アレクサンドル・ロトチェンコ、マヌエル・アルバレス・ブラボ、クロード・カアン…。230点近くの焼付けと何百人もの写真家の作品をパリでご覧いただけます。

第一次世界大戦の後、社会の深刻な激変により、写真の「 現代性 」の誕生に有利な条件が揃いました。

その後、シュールレアリスムが芸術の世界に新風を吹き込み、革新的なアールヌーヴォーを生み出しました。

 

2021年9月13日~2022年1月30日

Jeu de Paume(ジュ・ド・ポーム国立美術館), 1 place de la Concorde, 75008 Paris.

https://jeudepaume.org/evenement/chefs-doeuvre-du-moma/

リュクサンブール美術館のヴィヴィアン・マイヤー展


アメリカのストリートフォトグラフィーの奇才、ヴィヴィアン・マイヤーは、彼女の死から数日後の2009年に日の目を見るまでは長い間、誰にも知られることはありませんでしたが、ニューヨークとシカゴのストリートフォトで写真史にその名を残しました。
都会に魅了された彼女は、街を歩き回って人々を独自の視点で捉え、鏡やショーウィンドーに映した多くのセルフポートレートを収めました。
映画製作者 でもあったこの名もなき 写真家 は、生涯にわたってベビーシッターとして働きました。とある古物商の息子が箱一杯のネガを380ドルで買ったのは、彼女の死後間もないころでした。

その後、このコレクターはこの未知のアーティストの足跡をたどり、写真に熱狂するあまりカメラを肌身離さず持ち歩いた彼女の人生を発見します。一人で世界を旅することができる勇敢な女性。山積みの大切な新聞の中に囲まれて生活していた、一癖ある写真家。

この展覧会では、未発表のアーカイブが初めて一般公開されます。彼女自らが焼き付けたヴィンテージ写真、未上映の8ミリ映画、録音もあります。

2021年9月15日~2022年1月16日

Musée du Luxembourg(リュクサンブール美術館), 19 Rue de Vaugirard, 75006 Paris.

https://museeduluxembourg.fr/fr/actualite/la-billetterie-de-lexpo-vivian-maier-est-ouverte