Actualités de l'Hôtel des Etats-Unis Opéra
 

オペラ・ガルニエ地区の最新おすすめ情報
パリを自分の目で一度見たい、もう一度見たい気持ちを起こさせる映画のセレクションをご紹介します!

キーワード : エンターテイメント
  25 9月 2019

パリは実際に訪れて散策する以外にも、映画の中で散策することもできます。

パリの石畳の通りの数々、パリの雄大な広場の数々、パリの数ある大きな橋とその謎。パリの様々な地区やお気に入りのスポットや様々文化の交差するパリの雰囲気に光を当てて、何十年もの間、パリは多くの映画製作者がインスピレーションを受けて、映画製作の対象になってきました。私たちのパリ特集映画のセレクションを通じて、光の街パリをまだ知らないあなたは発見してください。既に知っているあなたも再発見してください。

セドリック・クラピッシュ監督の「パリ、ジュテーム」

18人の映画制作者のパリへの愛の告白映画で、それぞれの監督の、首都パリの心に秘めたヴィジョンを見ることができます。パリの各区にどっぷりつかって、告白の恋愛物語、すれ違いの恋愛物語、場違いの恋愛物語、喧噪にぎやかな恋愛物語、もしくは傷つけあう恋愛物語などの様々な恋愛物語を鑑賞しましょう。

ありきたりの規範を超越して、映画がパリの素晴らしいパラドックスの数々に焦点を当てて、パリと言う街のありのままのヴィジョンをに見せてくれます。

14 向けの短編映画の中では、公共のベンチに腰をかけているアメリカ人の一人の女性観光客が私たちに対して告白します。「その時がまさに、わたしがパリを愛し始めた瞬間でした。そして、私がパリから愛されている、と感じた瞬間でした。»

そしてその瞬間、私たちも再び情熱的に恋に落ちたのでした。

ウッディ・アレン監督の「ミッドナイト・イン・パリ」

パリに恋するウディ・アレン監督の見たパリはどんなもの?甘い生活、茶目っ気のある優雅さ?パリを熱烈に恋するウッディ・アレン監督は、私たちを強力だけれども軽やかなロマンスに誘います。私たち観客は、アメリカ人の妻と共にパリに滞在する、ハリウッドの脚本家の物語の世界に浸ります。超保守的な義理の両親と、学者ぶった高慢な大学時代の友人との間で身動きが取れなくなっているこの脚本家が、ある晩、不思議な車に乗ってこの重苦しい雰囲気から逃れます。こうしてこの脚本家は、1920年代にヘミングウェイ、フィッツジェラルドのカップル、ピカソ、そして愛人のアドリアナと共に日の目に当たることになります。

平凡な事象を技を以て表現するこの映画は、古代の美しさを愛する心、パリと言う街を愛する心、恋愛を愛する心を公けに宣言する映画です。

ジャン・ピエール・ジュネット監督の「アメリ」

古典中の古典で、古き良き時代の典型的なパリを描く映画。型通りのパリの描写だからと言って、絵ハガキのように美しいパリを描写するこの映画を鑑賞しないのは残念です。

空想に満ちたアメリの内面の世界に身を投じて、アメリの物語を鑑賞しましょう。モンマルトルのカフェで働くアメリは、毎日あらゆる種類の変わった人々に出会います。正義の味方アメリは、自分の周囲の人々の生活を幸せにしよう、と決意します。

カメラ撮影は自由で、無遠慮で紆余曲折。私たち観客はパリの石畳の小路の日常生活や、奇妙なアメリの捜査や、初めての一目惚れの物語を鑑賞します。

凡庸なパリ描写の中で、私たち観客は、屈託のない、うつろいやすく、詩的なパリを自由に気ままに、散策します。

ジュリー・デルピー監督の「パリ、恋人たちの2日間」

14 に住む典型的なフランス人のマリオンが、自分の故郷と自分の家族を、ニューヨークの建築家のジャックに紹介します。ジャックとマリオンは米国で同棲しています。

文化上の誤解や、アルテルモンディアリストの自分の両親との昼食、それはフランス中間層独特の笑いを誘う驚き昼食会ですが、そうした描写を通じて、パリの街でこのカップルがお互いを発見し、互いに議論し、愛いあう物語を鑑賞します。