Actualités de l'Hôtel des Etats-Unis Opéra
 

パリ・オペラ地区のアクティビティ & レジャー
ジャポニスム2018:50のイベント。展示会、ライブショー、映画、生活文化

  29 8月 2018

日仏友好160年 を記念し、「ジャポニスム2018」の一環として、最高峰の日本文化を8か月にわたりフランス全土で紹介します。

開催中の「深みへ‐日本の美意識を求めて‐」展や「池田亮司 | continuum」展は7月に始まり、展覧会、ライブショー、映画、生活文化などの50以上のイベントが開始されました。

ここでは特に興味深い2つのイベントをご紹介します。 ジャポニスム2018の公式サイトですべてのプログラムを検索することができます。

松竹大歌舞伎 - 2018年9月13日〜19日


歌舞伎は、イントネーション、動き、衣装、メーキャップ、セットの高度に体系化され、洗練された演技を特徴としています。

Nakamura Shidô II
Nakamura Shidô II

17世紀初頭に生まれた歌舞伎は、最も普及している伝統的な日本の劇場スタイルを残しています。歌舞伎は、ユネスコにより人類の口承及び無形遺産に関する傑作の宣言を受けています。日本文化が好きで、まだ歌舞伎をご覧になったことがない方はぜひチケットを購入されることをお勧めします。チケットがなくても来場してみることができます。通常、座席を放棄する観客が劇場前で自分のチケットを売っている姿を見かけます。

国立シャイヨー劇場の美しいホールで紹介される、松竹大歌舞伎 は、歌舞伎の演目の中でも代表的な人気の高い作品が2名の人気歌舞伎役者により演じられます。

映画俳優でもある中村獅童。おそらくクリント・イーストウッドの「硫黄島からの手紙」やジョン・ウーの「レッドクリフ」でその姿をご覧になったことがあるでしょう。

中村七之助は、7代続く歌舞伎役者の子孫です。彼も映画俳優であり、「ラストサムライ」の中で演じています。七之助は男性と女性(女形)の両方の人物を演じます。

「安藤忠雄 挑戦」展 - 2018年10月10日から12月31日まで

建築に関心のある方は、この展覧会をお見逃しなく。安藤忠雄は現存する世界で最も偉大な建築家の一人です。安藤忠雄は紛れもなくコンクリートと光の達人です。

光の教会 - 大阪府、茨木市
光の教会 - 大阪府、茨木市

独学で建築を学んだ安藤忠雄は建築のノーベル賞、プリツカー賞を受賞しています。彼の作品に影響を与えたル・コルビュジエのように、彼のアプローチは、経済的、社会的な制約を受けた狂ったようにビル建設に反対し「驚異的な景観」を作り出しながら、機能主義的傾向を示しています。

この展覧会では、模型、スケッチ、ドローイングや映像を通して、安藤忠雄の今後の建築家としての展望を紹介します。

安藤忠雄は、まもなくピノー財団のコレクションが収蔵されるブルス・ド・コメルスのプロジェクトを率いる4人の建築家の1人に選ばれています。

シャトー・ラ・コスト - エクサンプロヴァンス
シャトー・ラ・コスト - エクサンプロヴァンス

他にも次のようなイベントが開催されます

マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~

美、繊細さ、音楽性ばかりでなく、ユーモアにあふれた非常に美しいショー。

2018年11月19日〜25日

詳しくは こちらをクリック

文楽(人形劇)

「人間国宝」の称号を受けた日本の最高峰の人形遣いの一人、吉田玉男の舞台を見ることができます。吉田玉男はそのキャリアの中ですでに1万回以上も舞台を務めています。太夫(語り手)は竹本千歳太夫、三味線は豊澤富助が演奏します。

2018年10月12日〜13日

詳しくは こちらをクリック

 

 

公式プログラム: https://japonismes.org/officialprograms