Actualités de l'Hôtel des Etats-Unis Opéra
 

パリ・オペラ地区のアクティビティ & レジャー
「Kei」はパリで最高の日本食レストランの一つです。

キーワード : バー、レストラン
  23 12月 2016

近年フュージョン料理が流行していますが、ミシュラン1つ星レストランは、その流行に従ってはいません。 「Kei」 のシェフである小林圭 は、日本文化のエッセンスを取り入れたフランス料理に夢中です。

 「お客様が私の料理に驚き、ユニークな時間を持つだけでなく、美味しいと思ってくださることが私の願いです! 」と同氏は語ります。 そんな目標も達成されていることが分かる事実は、トリップアドバイザーでは、レストラン「Kei」が、13000軒以上のパリのレストランの中から11にランキングされたことです。2011年以来、「Kei」のランキングは上昇するばかりです。

美食の旅がこれ以上ない程のシンフォニーにあなたを連れだし、味覚、嗅覚と視覚の発見に酔いしれる…「Kei」での体験が忘れられない、思い出になるでしょう。      

シェフの願いは、テーブルについた方々に夢を見てもらうことです。

これは、小林圭に貴重な体験を与えたシェフ、アラン・シャペルとのテレビ番組です(フランスで最高の、ミシュラン3つ星レストランのシェフ、アラン・デュカスを育てたアラン・シャペル)。 21歳の時、レストラン経営者であった私たちの息子は荷物をまとめフランスへ赴き、ジャン・フランソワ・ピエジュとクリストフ・モレのもとで働きました(プラザ・アテネにあるアラン・デュカスのレストラン)。

彼は2011年に妻とレストランを購入すると、早くも初めの星を得ました。

さらに高く、遠くへと向上しようという姿勢は、彼がアラン・デュカスから学んだものです。 シェフの上司とともに、お客様を驚かせる香り、質感、色を求めて、日々挑戦しています。

パラダイスとは、「Kei」が造る装飾に似ているものでしょうか?

このレストランでは、確かに雲の上にも上るような心地ですね。 それは、静かで親密な、明るい白です。 テーブルのセッティングは、シンプルだけれども洗練されています。

クラシカルでありながら現代的な要素もある装飾が、日本の伝統とモダンな側面を表現しています。 店内の雰囲気は傲慢さも派手さもなく、パガニーニのオーブンでさえも、お皿の上にあるものに集中するするよう求めているようです。


彼の料理は、まるで旅する絵画のようです。

ランチでは、5または8コースのメニューが3つ用意されています。

  • ランチメニュ 56€
  • メニュ・デギュスタシオン 120€
  • メニュ・プレステージ 155€

 ディナーでは、6または8コースのメニューが3つ用意されています。

  • メニュ・デクベールト 99€
  • メニュ・デギュスタシオン 145€
  • メニュ・プレステージ 195€

これは、シンフォニーでクライマックスを迎える、食のフェスティバルです。 空に舞い上がるような心地です!

プレートの装飾は、グラフィズム、ハーモニー、色使いを取り入れた詩のようです。 目と口の両方にまぶしいアンサンブル。 繊細でデリケート、味と質感のバランスです。

フォアグラ、青リンゴのジュレ
フォアグラ、青リンゴのジュレ
堅焼き鱗のシーバス
堅焼き鱗のシーバス
トリュフ風味ジャガイモのニョッキ、パルメザンのエマルシオン、イベリコハム
トリュフ風味ジャガイモのニョッキ、パルメザンのエマルシオン、イベリコハム
コーヒーとパティスリー
コーヒーとパティスリー

天ぷら風アーティチョークのファルシの作り方を見る

レストラン「Kei

5 rue Coq Héron – 75001 Paris

Tel:+33(0)1 4233 1474

営業:火曜~金曜(木曜午後を除く)

http://www.restaurant-kei.fr/welcome-japan.html