Actualités de l'Hôtel des Etats-Unis Opéra
 

パリ オペラ座地区最新情報 - フランス
有名レストランが手頃な価格でランチメニューを提供していることがよくあるとご存知ですか?

キーワード : レストラン
  24 3月 2016

ヤニック・アレノ:意欲的な有名シェフ

ヤニック・アレノのおかげで、 ル・ムーリス は2つ星、そして3つ星を獲得しています。  2008年、ヤニック・アレノは自身のグループを設立し、クールシュヴェルのシュヴァル・ブラン、マラケシュのロイヤル・マンスール、ドバイのワン・アンド・オンリー・ザ・パーム、北京のシャングリラ、台北のステイなど世界中に17軒、最高級の料理を贈るレストランの経営に乗り出します。

Yannick Alléno

そして2012年、初の「テロワール・パリジャン」を設立。彼の両親が経営していたビストロを通して、彼がともに育ったイル・ド・フランス特有の農産物にオマージュを捧げます。 ここでヤニック・アレノは、シンプルで質の高い地元の食材を用いた伝統料理を提供し、より素朴で真実味のある関係を築きます。 パレ・ブロンニャールのテロワール・パリジャンは2013年にオープンします。

現代的にアレンジされたビストロ

レストランは パレ・ブロンニャール の建物内に居を構え、 ジャン=ミシェル・ウィルモット が内装を手がけました。 確かに最先端のコンセプチュアルデザインを湛えた場となっています。 「典型的な」パリのビストロから少しかけ離れていますが、クリエイティブで充分に訪れる価値があります。 行ってみるに越したことはありません。

例えば冷製加工肉類。田舎風パテ、リエット、ガーリックサラミ、絶品鶏レバークリーム、ボンレスハムがプレートに盛られ、パンとピクルスが添えられてきます。こうしたリヨンの名物食品を堪能するために特別に設えられたカウンターでご賞味いただけます。

「リエットバー」では、チキン、ツナまたはサーモンといったクリエイティブなリエットのバリエーションが楽しめます(ディナーのみ)。

大きな表 には、イル・ド・フランスの優れた生産者たちが納入し、ここで使われる食材の一部がリストアップされています(冷製加工肉類で名高いジル・ヴェロ、ニューヨーク・タイムズによるとハンバーガーの巨匠である肉屋のイヴ=マリー・ブルドネ、クレソン有機栽培のマルク・シュルジス…)。

現在流行となっているように、厨房の眺めというスペクタクルもご覧いただけます。 


価格

伝統料理というよりは洗練された高級料理に近いボリュームの前菜、メイン、デザートで、一人最低40ユーロが予算の目安です。 歴史的で選ばれた地の、ヤニック・アレノのレストランです。

15ユーロで本日のランチお勧めメインを試すのが、比類なき体験へダイレクトに辿り着く手段です。

 

ヤニック・アレノのウェブサイト

テロワール・パリジャン
8, place de la Bourse

75002 Paris